クリニックHP
クリニックHP

最新の自然療法、
栄養情報を随時更新しています。

お客様へのメッセージ

“本物のドクターズサプリメント”
のみお届けします。

ドクターサプリUSAでは、私のクリニックで効果があった「ドクターズサプリメント」だけをセレクトしてご紹介しています。予防医学、サプリメント治療の先進国アメリカで生まれた「ドクターズサプリメント」ですが、日本では残念なことにまだあまり浸透してはいません。アメリカで自然療法のひとつとして成果を上げている「ドクターズサプリメント」をぜひこの機会に知っていただき、体の不調やお困りの症状の改善、健康維持に役立てていただくことを願っております。

Dr.Eiji Ozawa ND

プロフィール

自然療法医科大学で全米一といわれる Bastyr University を卒業後、医師免許を取得。自然療法医師としてロサンゼルスで10年以上、西洋医学に変わる総合的治療に力を入れている。
プロフィールをもっと詳しく



モバイル QR コード

QRコード

メルマガのご案内 登録・解除はこちら
  • RSS1.0
  • ATOM0.3
ウイルスディフェンス

ビタミンAは目の働き、免疫力に欠かせない栄養素です。

ビタミンAの働き

ビタミンAの一番大きな働きは視力に関する事です。目の奥には網膜という構造のものがあります。光がレンズを通り過ぎこの網膜に当たると、網膜はこれを視神経に信号として伝えます。網膜がしっかり働くには、ビタミンAは欠かせない存在です。

ビタミンAは網膜の働きには欠かせない

またビタミンAは細胞の分化にも必要で、細胞の成熟には欠かせません。特に皮膚や粘膜で多く使われます。

その他の働きとして、免疫システムの正常化、赤血球の生産、骨の生成、精子の生産に多く使われます。

70925410■ウイルスディフェンス

ウイルスディフェンスにはウイルスに対して免疫力を高めるハーブ、ビタミン、ミネラル、アミノ酸有効成分がブレンドされており、免疫力にとって非常に重要な抗体反応、ナチュラルキラー細胞の活動、胸腺ホルモンの分泌、免疫T細胞の活性などを高めることでウイルスに対しての免疫力を強めます。
https://drsuppleusa.com/?pid=148838442
 

ウイルスディフェンスのご購入はコチラ

マックスディフェンス免疫サポートのご購入はコチラ

ビタミンAが2個結合したものをベータカロチンと言いますが、このベータカロチンには抗酸化物質としての働きもあります。

ビタミンAの欠乏症状

目:ビタミンAは網膜に欠かせない栄養素ですから、不足すると視力を始めとして、ドライアイ、夜盲症、角膜軟化症、失明を引き起こすリスクがあります。

ビタミンAは鼻や喉の粘膜の健康をサポート

呼吸器系統の免疫力低下:ビタミンAは鼻や喉の粘膜の健康をサポートします。ビタミンAが欠乏すると鼻や喉の粘膜が荒れた状態になり感染症に罹りやすくなってしまいます。

生殖能力の低下:ビタミンAの不足は、男女共に生殖能力低下の問題を抱えることになる可能性があり、流産や奇形を起こすリスクも伴います。

皮膚の角質化:ビタミンAはよくスキンケアにも含まれているように、皮膚の修復に重要な役割があります。不足すると、炎症性ニキビや角質化など皮膚に炎症性の問題が起こるリスクがあります。

味覚障害:ビタミンAの不足は、味蕾(舌表面にある蕾状の味覚の感覚器官)が角化し、味覚の喪失につながる可能性があります。

ビタミンAを多く含む食品

ビタミンAを多く含む食品

どのような食品がビタミンAを多く含んでいるかというと、動物性食品、特に肝臓、乳製品、魚に多く含まれています。またビタミンAの親戚であるベータカロチンは、ニンジン、ブロッコリー、マンゴー、桃、赤ピーマン、南瓜、ピンクグレープフルーツ、サツマイモ、トマトなど黄色、オレンジ、緑色の野菜に多く含まれています。

ビタミンAの過剰摂取

ビタミンAは取りすぎると中毒反応が出ます。症状は、頭痛、めまい、吐き気、脱毛、下痢などですが、長期間にわたって多量(摂取勧告量の10倍を6ヶ月以上)に服用すると、肝機能障害、出血、こん睡状態など、死を招く危険性もありますので、長期にわたる使用には専門家の指示に従ってください。

妊婦はビタミンAの過剰摂取に注意が必要

またビタミンAのとり過ぎは胎児に対して奇形を発生させる可能性があるという報告もありますので、妊娠中にはビタミンAを一日当たり10,000IU以上摂らないようにしましょう。通常の食事にもビタミンAは含まれますので、妊娠中は、サプリメントからは2,600IU以上摂らないように気をつけてください。

特に肝機能障害、腎機能障害を持っている方は通常よりも低濃度で毒性反応が出ますので、気をつけてください。

しかしながら、ビタミンAの親戚ベータカロチンは長期にわたって服用しても、毒性は認められていませんので安心して使用してください。

ビタミンAの摂取目安

ビタミンAの摂取勧告量は、成人男性で3000IU、成人女性で2333IUとなっていますが、治療目的での使用はこの10~100倍になります。

ドライアイの男性

治療効果が認められる症状は免疫疾患、にきび、怪我、紅斑病、乾癬、夜盲症、ドライアイ、月経過多、子宮頸部形成異常などがあります。

ドライアイ、花粉症による目のかゆみや目の疾患には、一日当たり10,000~20,000IUを取っていただくと有効です。

にきび治療には、一日当たり高濃度のビタミンAを取っていただくと有効ですが、上記のように、長期にわたるビタミンAの多用は副作用を伴いますので、自然療法と栄養学に詳しい医師の指示に従ってください。

総合ビタミン ミネラル高活性、高濃度のご購入はコチラ

≪併せて読みたい≫

ニキビを自然療法で治療

総合ビタミン ミネラル高活性、高濃度

Dr.Ozawaサイト監修

投稿者プロフィール

監修者; 医師 小澤栄治
自然療法専門医としてロサンゼルスで、15年以上最新の医学知識を取り入れながら食事療法などの栄養指導、ハーブ、サプリメントなど自然療法の理論と経験により治療を行う。
近年、より健康に美しくありたいという患者さんの要望からアンチエイジング治療を中心としたクリニックを併設のメディカルSPAを開設、さらに地域医療に貢献している。
◆Naturopathy クリニック
http://www.ozawand.com/
◆Naturopathy SPA&WELLNESS
https://naturopathyspa.com/
◆YOU TUBE
https://www.youtube.com/channel/UCl7gmPbNBq6hPtv4zFrkgqQ/

◆メディア掲載
https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/31731
◆California Naturopathic Doctor Association
https://www.calnd.org

この著者の最新の記事

関連記事

商品検索


ご注文前に必ずご確認ください
ドクターズサプリメントは、どんな病気の診断、治療、改善、または予防することを意図していません。また、ご購入のドクターズサプリメントは医師が個人に合わせて処方するものとは異なります。選択、ご使用は全てご自身の責任となりますことを予めご了承ください。

医師による治療・投薬を受けている場合は医薬品との相互作用の可能性が生じる可能性がありますのでドクターズサプリメントの使用については担当医師の指導を受けて下さい。特に医師の判断を経ずに治療・医薬品の使用を中断し、ドクターズサプリメントを使用するような行為は “絶対に” おやめ下さい。

メーカーの示す用法用量を守ってご使用ください。

使用者の体調、体質によっては身体に合わないことがあります。不快を感じた場合は安全のため直ちにドクターズサプリメントの使用を中止して下さい。

個人輸入で一度に輸入できるドクターズサプリメントの数量には制限があります。大量にご購入にならず、規制の範囲内で必要分のみをご購入下さい。

個人輸入で持ち込まれたドクターズサプリメントは、自己責任による「個人使用」のみが許可されております。ですので法人・団体名義でのご注文はお受けすることはできません。また、個人輸入したドクターズサプリメントを他人への譲渡・転売することは認められておりません。

※ドクターサプリUSAはアメリカ カリフォルニア州のドクターズサプリメント販売業者です。アメリカ カリフォルニア州の法規に従った表記、販売を行っております。

★ドクターズサプリメントの説明に関しては、あくまで一般的な症状に対して有効であるというものであり、Dr.Ozawaが個人に対して直接アドバイスしたものではありません。どうぞご理解の上、ご購入をお願いいたします。
Dr.Ozawa HP → http://www.ozawand.com/

メルマガ登録・解除


新規会員登録