クリニックHP
クリニックHP

最新の自然療法、
栄養情報を随時更新しています。

お客様へのメッセージ

“本物のドクターズサプリメント”
のみお届けします。

ドクターサプリUSAでは、私のクリニックで効果があった「ドクターズサプリメント」だけをセレクトしてご紹介しています。予防医学、サプリメント治療の先進国アメリカで生まれた「ドクターズサプリメント」ですが、日本では残念なことにまだあまり浸透してはいません。アメリカで自然療法のひとつとして成果を上げている「ドクターズサプリメント」をぜひこの機会に知っていただき、体の不調やお困りの症状の改善、健康維持に役立てていただくことを願っております。

Dr.Eiji Ozawa ND

プロフィール

自然療法医科大学で全米一といわれる Bastyr University を卒業後、医師免許を取得。自然療法医師としてロサンゼルスで10年以上、西洋医学に変わる総合的治療に力を入れている。
プロフィールをもっと詳しく



モバイル QR コード

QRコード

メルマガのご案内 登録・解除はこちら
  • RSS1.0
  • ATOM0.3
胃炎、胃潰瘍

胃炎、胃潰瘍を自然療法で克服する方法

ストレスホルモンコントロール 

日本時に非常になじみの深いのが、胃炎と胃潰瘍ですね。胃炎や胃潰瘍を患ったことがあるという人も多いのではないでしょうか?また、お腹が弱くて胃が痛くなる原因のほとんども、胃炎が原因です。

胃炎とは胃の粘膜が炎症をおこしている状態です。そして、炎症が悪化して、状況が進行してしまうと胃潰瘍になってしまいます。また胃潰瘍は放っておくと、胃ガンへと発展してしまうこともあります。また、胃が痛むから胃炎だろうと長期間放置しておくと、胃ガンだったなんてこともあります。胃炎は急に発症する(急性胃炎)こともあれば、ゆっくりと進行する(慢性胃炎)こともあります。

胃炎、胃潰瘍の症状

みぞおちの周辺に痛みを感じることが殆どですが、食事により悪化したり、逆に空腹時に悪化するなど状況は様々です。痛みには人によって異なり、刺されるような痛み、ねじれるような痛み、鈍痛、胃が重いなどの種類があるようです。他には、吐き気、嘔吐、満腹感を感る方もいます。

胃炎、胃潰瘍の原因

  • 薬: 鎮痛剤(非ステロイド系)、ステロイド

鎮痛剤は、胃腸の保護粘膜を薄くすることで、胃酸へのバリアーを低下させることで胃にダメージを与えてしまいます。鎮痛剤を長期間にわたって摂ることで、約15%の確率で胃潰瘍を引き起こすという統計データがあります。また鎮痛剤は、胃炎や胃潰瘍だけでなく、腸内細菌バランスを乱す、リーキーガット、腸炎、逆流性食道炎の原因にもなります。

アトピー、リューマチ、喘息などを始めとした、慢性炎症のために処方されるステロイドは、胃壁を守る粘液の分泌を低下させ、逆に胃液の分泌を高めることで胃炎や胃潰瘍の原因となります。

  • 酒、コーヒー、お茶

コーヒー、お茶に含まれるカフェイン、アルコールも鎮痛剤と同じようなメカニズムで胃壁の粘膜にダメージを与え、胃炎、胃潰瘍を引き起こします。慢性的にお酒を飲む方は特に、栄養失調、治癒スピードの減速をもたらします。

  • たばこ

喫煙者は胃炎、胃潰瘍のリスクを高めます。そして喫煙者は再発率が高くなります。煙草を吸うことで、胃酸の分泌が高まる、胃酸を中和するアルカリの分泌を低下させる、胆汁の胃への逆流を引き起こし胃粘膜を荒らす、胃粘膜への血流の悪化、バリアー機能のある粘液の分泌を低下させるなどの作用によって胃に直接的、間接的ダメージを与えます。

  • ピロリ菌

ピロリ菌は直接胃壁粘膜を食い荒らし、胃炎や胃潰瘍の原因となります。放っておくと、胃ガンへ進むケースが多く、ピロリ菌感染者の胃がんの発症率は非感染者と比較して5~6倍高まると言われる早めの治療が必要です。また、最近の研究ではピロリ菌の影響は胃だけでなく、メタボリック症候群、心臓冠動脈疾患、動脈硬化、貧血、慢性蕁麻疹、つわり、突発性血小板減少性紫斑病、リンパ腫などを引き起こすリスクも高まるそうです。

  • ストレス

精神的なストレスだけでなく、怪我、火傷、手術、感染症などの物理的なストレスも、胃への負担を増加させ、胃炎や胃潰瘍の大きな原因となります。

  • 加齢

加齢により胃壁の粘膜が薄くなることで、胃炎を引き起こしやすいだけでなく、薬やお酒、カフェインなどの影響を受けやすくなります。

胃炎、胃潰瘍の治療法

まずは、原因となっている事を認識して、薬、お酒、食生活を改める必要があります。そして、サプリメントを使って胃腸粘膜の保護、治癒を加速させることで胃炎や胃潰瘍は自然療法で治癒が可能です。ピロリ菌の退治については、過去のコラムを参考にしてください。

ピロリ菌を自然療法で100%駆除する方法

胃炎、胃潰瘍の治療・生活習慣

まずは、今鎮痛剤やステロイドを服用している方は、減薬できないか医師と相談してください。鎮痛剤を長期間服用している場合は、痛みの原因を取り除くようにしてください。たいていの場合には慢性炎症が原因となっていますので、炎症を軽減する食事や生活習慣を送ってください。慢性炎症の治療法は過去のコラムを参考にしてください。

慢性的な「体内の炎症」原因と自然療法の治療

続いて喫煙は胃壁粘膜のバリアー機能を大幅に低下させます。また、知っての通りタバコは肺ガン、胃ガンだけでなく、様々な病気のリスクを高めますので、この機に禁煙することを強くお勧めします。また、喫煙者の方はストレスが高まるとタバコを吸いたくなる傾向にありますので、ストレスの解消法も重要ですね。

ストレスの軽減は胃炎、胃潰瘍の治療に重要なので、ストレスを減らしてくださいというのは簡単ですが、実際問題ストレスの解消は難しいですね。ですから、ここではまず生活習慣の見直し、睡眠時間を十分に取る、軽い運動を行うなど簡単に行える範囲で体力の回復とストレスの軽減を行ってください。

胃炎、胃潰瘍の治療・食生活

アルコールは治療期間中、中断してください。

コーヒーはデカフェでも、胃酸の分泌を高めて、胃腸粘膜にダメージを与えますので避けてください。また、抹茶などのカフェインの強いお茶も避けて、カフェインの少ない番茶、ほうじ茶、ハーブティーを飲むようにしてください。

消化の悪い生もの、揚げ物、油っけの強い食品、辛い物、酸味の強い食品、冷たい食品は胃に過度の負担をかけますので、なるべく消化しやすい食品(茹でる、焼く、煮るなどの調理された食品)を食べてください。また過食は絶対にやめてください。

食物繊維を多く含んだ野菜を多く食べることは、胃炎、胃潰瘍の治療効率、再発度の低下を高めてくれますが、治療期間中は火の通った野菜を食べるようにしてください。バイオフラボノイドを多く含んだ色の強い緑黄色野菜は治療効果を高めてくれますので、できるだけ多くのバラエティーに富んだ野菜を食べるようにしてください。

キャベツジュースは古くから行われてきた胃炎や胃潰瘍の治療法の一つです。キャベツのしぼり汁にはビタミンUと呼ばれる成分が含まれ、胃腸粘膜を修復する働きがあります。(日本では、キャベジンの名前で薬として販売されています。)約1リットルのキャベツジュースを1日かけて飲むという研究では、胃潰瘍の治癒が7-10日間で見られ、通常の薬による治療よりも3.5-6倍のスピードでした。またほかの研究では、薬による治療が見られなかった胃潰瘍者に同じ量のキャベツジュースを与えたところ、81%の対象者に治療効果が見られました。

胃炎、胃潰瘍の治療・ハーブ

アロエ

火傷や傷など皮膚の修復に効果的なアロエですが、胃腸を保護する働きもあります。また炎症を抑える働き、胃腸粘膜の再生を促進する働きがあります。アロエの皮部分は便を緩くする作用があるので、皮の部分を避けて果肉部分のジュースや粉末パウダーでとると効果的です。

甘草根

甘草根は伝統的に胃腸にまつわる疾患に長年使われてきた漢方薬です。胃腸から分泌されるムチンという成分の分泌を促進します。ムチンは胃酸や細菌または有害物質から胃腸を守る働きに加えて痛みを軽減する効果があります。甘草根には胃腸壁を守る、炎症を抑える働きがあります。血圧が高めの方は甘草根を摂ると血圧を上げてしまうことがあるので、DGL(脱グリセル甘草根)を摂ると血圧をあげずに、胃腸粘膜の修復効果を得られます。

70925410■DGL(脱グリセル甘草根)無果糖

DGL(脱グリセル甘草根)は胸焼け、食道炎、胃炎を素早く解消するサプリメント。胃の粘膜を守る作用に優れ、胃潰瘍、十二指腸潰瘍の治りを早めます。甘草根は伝統的に胃腸にまつわる疾患に長年使われてきた漢方薬です。内容成分の「DGL」(脱グリセル甘草根)は胃の不快感を素早く和らげます。
https://drsuppleusa.com/?pid=66687646
 

マスティックガム

マスティックガムは地中海に自生するウルシ科の低木マスティックから抽出される樹脂です。マスティックガムは古代ギリシャ、バビロニア、エジプトの時代から多くの胃腸疾患を治療する薬として珍重されてきました。マスティックガムを毎日1グラム摂取し、偽薬と比較した研究では2週間で70%の潰瘍の治癒効果が見られました。

マスティックガムのご購入はコチラ

70925410■ペプティガード

ペプティガードは胃の粘膜を癒やす成分が配合されています。胃の感染症を予防する、抗菌作用の強い成分を配合することで細菌環境改善し胃炎、胃潰瘍を癒やします。 アロエ、脱グリセル甘草根配合。
https://drsuppleusa.com/?pid=85985076
 

胃炎、胃潰瘍の治療・サプリメント

亜鉛、ビタミンA、ビタミンEには胃の粘膜を修復する働きがあります。特に亜鉛カルノシンは胃腸で働くことに特化した亜鉛です。胃潰瘍の患者を対象にしたいくつかの研究では、胃粘膜を保護する薬と比較して、亜鉛カルノシンは胃潰瘍、胃炎の症状緩和の効果が薬と同等以上の結果を出すことが確認されています。また内視鏡による胃潰瘍の治癒率は、薬よりも高いという結果も確認されています。

亜鉛カルノシンのご購入はコチラ
ビタミンAのご購入はコチラ
ビタミンEのご購入はコチラ

胃炎、胃潰瘍の治療・ホメオパシー

以下のレメディーは胃炎や胃潰瘍に効果的なレメディーです。

アルグ・ニット

刺されるような痛みが広がる。深呼吸、食後に痛みが悪化、特にスイーツを食べることで悪化すのに、スイーツが食べたい。緑色の下痢を伴うこともある。ゲップをしにくい。非常に痛みの伴う膨満感、重要なイベントで痛みが悪化する。

アルセン・アルブ

焼けるような痛み。真夜中から夜3時頃に悪化する。冷たい飲食品、アイスクリームで悪化。温める、温かい食品で痛みが軽減する。匂いをかぐだけで吐き気を催す。下痢と嘔吐を交互に繰り返すことがある。嘔吐の後、衰弱する。大きな不安感じて落ち着けない。人といることで安心する。

ベラドナ

発作性の強い痛み。吐くと痛みが和らぐ。みぞおちの辺りが敏感。非常にのどが渇く。

ビスマス

焼けるような、もしくは押されるような痛み。体を折り曲げることで改善する。少量の水分でも、嘔吐することがある。不安症、苦悩、落ち着きがない。人といると安心する。

カリ・ビク

小さなスポットに焼けるような痛み。食べることで悪化。痛みが急に出たり引っ込んだりする。少量の食事でも、胃が重い、脹れる。ビールが飲みたくなるが、下痢や嘔吐を引き起こす。喉が渇く。

リコポディウム

焼けるような痛み。胃が大きく広がったような感覚。午後の4時から8時ごろに悪化。非常にお腹が減るけども、少し食べるだけでお腹がいっぱいになる。少量の食事でも満腹、膨満感。きつい洋服が着れない。イライラによって痛みが悪化。反対意見や矛盾に耐えられない。

ナックス・ボミカ

鈍く重い痛み。食後1時間ぐらいに痛みが悪化。温かい飲み物で痛みが緩和する。痛みを和らげるために吐きたい。嘔吐することで改善する。不安、仕事の重圧によって悪化。仕事の悪化によってイライラや攻撃性が増している。軽い昼寝で痛みが改善する。

胃炎が悪化すると、胃潰瘍へと進行します。胃潰瘍は放っておくと、出血がひどくなり重症となります。また慢性的に胃が痛い場合は胃ガンの場合もあります。症状が悪化している、良くなる兆しが見えない時には、直ぐに医療機関で診察を受けるようにしてください。

ホメオパシーレメディのご購入はコチラ

リーキーガット修復サプリ (チョコ味)

《併せて読みたい》

参照: Med Clin North Am. 1991 Jul;75(4):967-79.  ,World J Gastroenterol. 2014 Dec 28; 20(48): 18330–18337,African Journal of Pharmacy and Pharmacology 5:1867-1871,Journal of Natural Remedies 3(2):161-165,Journal of Natural Remedies 3(2):161-165,Journal of Natural Remedies 3(2):161-165,Calif Med. 1949 Jan; 70(1): 10–15. ,Calif Med. 1952 Oct; 77(4): 248–252.,J Am Osteopath Assoc. 1963 Apr;62:731-5,Clin Exp Pharmacol Physiol. 1984 Sep-Oct;11(5):541-4.,J Ethnopharmacol. 2005 Jul 14;99(3):317-24. ,J Antimicrob Chemother. 2003 Sep;52(3):522-3,Ann Gastroenterol. 2015 Apr-Jun; 28(2): 210–220.

Dr.Ozawaサイト監修

投稿者プロフィール

監修者; 医師 小澤栄治
自然療法専門医としてロサンゼルスで、15年以上最新の医学知識を取り入れながら食事療法などの栄養指導、ハーブ、サプリメントなど自然療法の理論と経験により治療を行う。
近年、より健康に美しくありたいという患者さんの要望からアンチエイジング治療を中心としたクリニックを併設のメディカルSPAを開設、さらに地域医療に貢献している。
◆Naturopathy クリニック
http://www.ozawand.com/
◆Naturopathy SPA&WELLNESS
https://naturopathyspa.com/
◆YOU TUBE
https://www.youtube.com/channel/UCl7gmPbNBq6hPtv4zFrkgqQ/

◆メディア掲載
https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/31731
◆California Naturopathic Doctor Association
https://www.calnd.org

この著者の最新の記事

関連記事

商品検索


ご注文前に必ずご確認ください
ドクターズサプリメントは、どんな病気の診断、治療、改善、または予防することを意図していません。また、ご購入のドクターズサプリメントは医師が個人に合わせて処方するものとは異なります。選択、ご使用は全てご自身の責任となりますことを予めご了承ください。

医師による治療・投薬を受けている場合は医薬品との相互作用の可能性が生じる可能性がありますのでドクターズサプリメントの使用については担当医師の指導を受けて下さい。特に医師の判断を経ずに治療・医薬品の使用を中断し、ドクターズサプリメントを使用するような行為は “絶対に” おやめ下さい。

メーカーの示す用法用量を守ってご使用ください。

使用者の体調、体質によっては身体に合わないことがあります。不快を感じた場合は安全のため直ちにドクターズサプリメントの使用を中止して下さい。

個人輸入で一度に輸入できるドクターズサプリメントの数量には制限があります。大量にご購入にならず、規制の範囲内で必要分のみをご購入下さい。

個人輸入で持ち込まれたドクターズサプリメントは、自己責任による「個人使用」のみが許可されております。ですので法人・団体名義でのご注文はお受けすることはできません。また、個人輸入したドクターズサプリメントを他人への譲渡・転売することは認められておりません。

※ドクターサプリUSAはアメリカ カリフォルニア州のドクターズサプリメント販売業者です。アメリカ カリフォルニア州の法規に従った表記、販売を行っております。

★ドクターズサプリメントの説明に関しては、あくまで一般的な症状に対して有効であるというものであり、Dr.Ozawaが個人に対して直接アドバイスしたものではありません。どうぞご理解の上、ご購入をお願いいたします。
Dr.Ozawa HP → http://www.ozawand.com/

メルマガ登録・解除


新規会員登録